管理栄養士が推奨する「太りにくいコンビニ飯の選び方」が、しっかり根拠もあり信用できるアドバイスだった!

f:id:takumi-kureyon0910:20170524145611j:plain

 

皆さんは、仕事で帰りが遅くなった時など自炊して食事をする気になれない時がありますか?

 

時間がない!面倒くさい!コンビニでご飯を買ってすまそう!でも最近、太ってきたしな・・・

と私を含め多くの方が思ったことがあるでしょう!

 

今回、そんな悩みを少しでも解消できるように、管理栄養士の方たちが発表した「太りにくいコンビニ食の選び方と食べ方」を紹介していきたいと思います。

 

 

太りにくい食事の選択・摂り方の根拠

今まで、体型維持やダイエットの為に血糖値が上がりにくい食材や食べる順が研究されてきました。

そんな中、栄養士の研究では、血糖値を上げないようにすることが大きなポイントだという結果になりました。

 

 

皆さんが、ダイエットの情報を調べている時によく見かける「食事を摂る際、まず野菜から食べるように意識しましょう!」という情報の根拠は、この血糖値の抑制が大きく関係しています。

 

もっと具体的いうと、まず野菜を食べた後、次にタンパク質(肉・魚・卵・大豆など)を摂り、最後に炭水化物(ごはん・麺類など)を摂ることで圧倒的に血糖値の上昇を抑えることが出来ます。

 

 

太りにくいコンビニ食の選択

 

1.おにぎり+サラダ

おにぎりは、鮭やツナなどのタンパク質のある具にしましょう。

サラダは、卵やチキンがついているのを選ぶのがベストです!

 

2.おにぎり+魚類の缶詰+サラダ

調理が中々出来ない魚は缶詰で済ませてタンパク質をしっかり摂っちゃいましょう。

京都大学の研究で、魚油を摂取することで「脂肪燃焼細胞」を増加する成分が含まれています。

 

3・炭水化物・タンパク質・野菜がバランスよく含んでいる弁当

単品でこれらを合わせるより弁当で購入した方が価格を圧倒的に抑えることが出来ます。

ただし、弁当は毎日同じのだと飽きる・・

 

 

とにかく食べる順番とバランスの良い食事を徹底して意識することは大切です。

太りやすい体型の方は、これらの事が原因の可能性が大ですよ!

 

私も2年前からしっかりと意識して食事管理をするようにしています。

あと・・・夜食はなるべく我慢しましょうね♡