~あなたをデブにする8つの習慣~「痩せ癖」の反対「太り癖」についても把握する事でダイエット効果を実感!

 

 

f:id:takumi-kureyon0910:20170618145745j:plain

 

皆さんは、自分の1日の生活を思い返したことはありますか?

思い返してみると、全く運動をしていない・・・という感じな人も少なくないはずです。

特に仕事がデスクワーク中心な人には、普段からカロリーを消費する機会は少ないでしょう。

 

 

更に年齢が重なる毎に、減量に必須である体の代謝が衰えていきます。

つまり「太りやすい体」になるのです!

 

ですので、代謝が衰えないように生活習慣を見直す必要があります。

今回は、「太り癖になってしまうNGな習慣を紹介していきます!

 

 

その前に、「痩せ癖」を把握すると、より良いでしょう。

 

lucas0910.hatenablog.com

 

 

甘い食べ物が必須!

甘いものが好きな人は多いはず!

最近では、糖質を抑えたお菓子や炭酸飲料が増えてきていますが、基本的に甘い食べ物は糖質が多いです。

 

その中で、砂糖は体内のタンパク質と結びついて糖化します。

それによって肌に大切な弾力が失われて、同時にハリもなくなります。

つまり、シワやたるみの原因になります。

 

 

空腹時には血糖値の上昇を招くので、甘いものは食後に摂るようにしましょう。

普段の食事でも甘い食べ物は、後の方に食べるようにして、お菓子などの砂糖が含まれている食品は、週に1、2度にしましょう。

 

 

深夜に夜食を摂る習慣がある!

仕事が遅くまである人は、帰宅時間が比較的遅くなりますよね。

ですが、どのような予定があろうと食事は、なるべく早く済ませるようにしましょう。

 

 

どうしても食事が深夜になる場合は、カロリーや糖質が低い食品を摂取しましょう。

コンビニのブランパンなどがオススメです。

f:id:takumi-kureyon0910:20170614053112j:plain

 

以前、あのRizapが推奨する最も糖質の低い食品も紹介しているので確認する事をオススメします!

lucas0910.hatenablog.com

 

発酵食品など酵素が含まれている食品を、あまり食べない!

f:id:takumi-kureyon0910:20170615050659j:plain

酵素の含まれている食品を全く食べる事がない方は、要注意ですよ!!

腸の機能は、「太りやすさ」に大きく影響します。

 

ですので、しっかりと普段意識して酵素の含まれている生野菜や発酵商品を、食べる事で腸内の環境を整えましょう

 

 

日々の食生活は大切ですよ!

 

 

お湯に浸からず、シャワーだけで済ます!

仕事で疲れている時は、お風呂に入ってお湯に浸かるのは面倒くさいですよね。

しかしお湯に浸からない人と浸かる人では、圧倒的に血行の良さが違います。

 

 

血行を良くすることで、体の代謝が良くなります。

逆に血行が悪い方は、代謝が悪い=「太りやすい体」となります。

 

 

寝る時間が遅くて、睡眠時間が短い!

毎日忙しく過ごしている方は、睡眠時間が短くなっていますよね。

しかし、睡眠時間の短い状況が続くことで、それが習慣になることで体の免疫力の低下に繋がり、代謝が低下します。

 

ですので、忙しい方は出来るだけ長く睡眠時間を確保して眠るようにしましょう。

 

 

油っぽい食品を摂取する事が多い!

油っぽい食品を摂取する事が多い方は、分かっている人が多いと思いますが「太りやすい体」になります。

 

できるだけ油っぽい食事は避けてバランスの良い食事を摂取しましょう!

 

眠っている時、寝室が明るい!

f:id:takumi-kureyon0910:20170618173858j:plain

豆電球など眠っている時に部屋を明るくしている方は、今すぐにやめましょう!

就寝時に分泌されるメラトニンという肥満症を予防するホルモンが分泌されなくなります。

 

ですので、しっかりと暗いところで眠りましょう。

 

 

どうでしたか?

 

自分の生活を見直した時、これらの習慣があった時は気をつけましょう!

自分が気づいていないだけで、意外と当てはまっているものですよ。

まずは、生活を振り返りましょう!